顧客から愛され、長期的に売れ続ける商品とはどのように生まれるのか。
本セミナーでは、長期的発展を実現する商品開発とマーケティングの戦略を学んでいただきます。

 

「主軸商品が見つからない」「商品はあれども売り先が十分に見つからない」。この2つは、企業経営者の悩みとして非常に多く聞かれるものです。自転車操業という言葉にあるように、日々の運転資金を稼ぐだけでは、長期的な発展は見込めません。世の中から必要とされ、顧客から愛され、社員が売りたくなる商品を開発することから始まり、それが売れ続けていくマーケティングの仕組みを作ることが重要になります。では、どのようにしたらそのような商品をつくり、売れ続けていくマーケティングが実現できるのでしょうか。

今回は、これまで5000名の中小企業経営者を育成してきた経営者育成の第一人者であるアチーブメントグループ代表の青木仁志氏を講師に招き、「トリプルウィンの商品開発とマーケティング」と題した特別セミナーを開催いたします。

 

青木氏が代表を務めるアチーブメントグループは、人材教育コンサルティング会社として1987年の創立以来、40万名以上の人材育成を実施。新規受講者の87.5%が口コミで集まり、業界を代表するビジネスリーダーが数多く学んでいます。多くの支持を集める秘密は、同社の提供する実学にあります。

・売れない商品、売れる商品売れ続ける商品の違いは何か?
・30年間売れ続ける商品は何にこだわっているのか?
・顧客に口コミが起こるために実施をしたことは何か?
・商品開発とマーケティングにおける経営者の役割は何か?

など青木氏自身が30年以上の経営経験の中で培ってきた実学を学んでいただくための機会となります。組織をよりよくしていきたい企業経営者の方は、ぜひご参加ください。 

セミナープログラム

AM

PM

講師紹介

青木仁志(アチーブメントグループ 最高経営責任者 CEO)
北海道函館市生まれ。若くしてプロセールスの世界で腕を磨き、トップセールス、トップマネージャーとして数々の賞を受賞。その後に能力開発トレーニング会社を経て、1987年にアチーブメント株式会社を設立。会社設立以来、40万人以上の人財育成、5000名を超える中小企業経営者教育に従事。現在では、グループ6社と4つの関連団体の代表を務めている。2010年から3年間、法政大学大学院政策創造研究科客員教授として教鞭を執り、 「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の審査委員を7年間歴任。また、復旦大学 日本研究センター 客員研究員、公益社団法人 経済同友会 会員としても活動している。また、「一生折れない自信のつくり方」をはじめ、累計58冊の著書を執筆する著者でもある。

アチーブメントグループの主な実績

1987名に社員5名で創業以来、
32年間増収増益を続け、
現在はグループ全体で220名規模に成長

Great Place To Work® が主催する
「働きがいのある会社」ランキングにて 5年連続ベストカンパニーに選出

日経新聞による『就職希望企業ランキング』で
社員数300名以下の中小企業にて
最高位(2014年卒対象)を獲得

セミナー概要

日程 2020年10月22日(木)10:00~16:30(開場 9:30)
会場 市原市市民会館 ≪ map ≫
参加費 無料
人数 30名(申し込み先着順)
参加条件 ・市原市に縁のある企業経営者・個人事業主の方。
 在住・在勤・出身など 市原市と何かしらの縁を持っていれば参加可能です。

本セミナーはシリーズ開催を予定しています。ご興味をお持ちの方は下記もご参加ください。

市原市主催 企業経営者向けセミナー

主催 市原市役所
運営 アチーブメントHRソリューションズ株式会社
電話 03-6435-3791(いちはら企業経営者向けセミナー 運営事務局 宛)