市職員クラス

市原の未来を担う次世代リーダーになる​

リーダーに必要な3要素である「ビジョン」「リーダーシップ」「ネットワーク」を高める全4日間のプログラム。
リーダー育成の第一線で活躍する講師から、次世代リーダーに必要な知識・スキルを学んでいただけます。

プログラム

第1回:10月21日(水)9:45-16:30
私と市原のビジョンを描く

リーダーにとって必要不可欠なビジョン。自分自身がどのような理想の未来を掲げ、目指していくのかは、リーダーシップの大きな源泉となります。第1回目では、参加者同士や市原市の現状を理解しながら、あなた自身が目指すビジョンを描き、磨いていくための方法について学んでいきます。ご自身の目指すビジョンが、さらに人を惹きつけ魅力的になるように、学びを深めていきましょう。

【主な学習内容】
・参加者同士の自己紹介
・市原市の現状を理解する
・自分のビジョンを考える
・自分と市原市との関わり方を考える
・ビジョンを磨くステップ

第2回:12月4日(金)9:45-16:30
人を巻き込むリーダーシップを高める

リーダーは、一人ではリーダーになれません。共に取り組む同志がいてこそ、リーダーと呼ぶことができます。では、人を巻き込むために必要なリーダーシップとはどのように高めていくのでしょうか。第2回目では、リーダーシップの本質を学びながら、人を巻き込む自分らしいリーダーシップについて探求していきます。ご自身の存在自体が、さらに人を惹きつけ魅力的になるように、学びを深めていきましょう。

【主な学習内容】
・リーダーシップとは何か?
・現在のリーダーシップを分析する
・自分らしいリーダーシップを探求する
・リーダーシップを発揮する方法

第3回:1月15日(金)9:45-16:30
人を巻き込むプレゼン力を高める

リーダーは、多くの人を先導する役割を担うため、人を巻き込む伝達力が問われます。では、どのような言葉が人を巻き込み、人の心を動かしていくのでしょうか。第3回目では、リーダーに必要な人を巻き込むための伝達力を学びながら、実践的にプレゼンテーションをトレーニングしていきます。ご自身の語る言葉が、さらに人を惹きつけ魅力的になるように、学びを深めていきましょう。

【主な学習内容】
・伝わるプレゼンテーションの共通点
・プレゼンテーションの構成法
・思いが届くプレゼンテーション術
・プレゼンテーション演習

第4回:2月27日(土)9:45-16:30
相互連携できるネットワークを高める

リーダーには、切磋琢磨する仲間が必要です。これまでの3回で培ってきた力を活かして、「私と市原のビジョン」をテーマにご自身の目指す未来を発表していきます。お互いの目指す未来を語り合い、ともに実現する同志をつくっていきましょう。
第4回は経営者クラス、若手社会人クラスと合同で行います。

【主な学習内容】
・「私と市原のビジョン」発表会
・参加者同士の大意見交換会
・未来に向けた宣言をする

プログラムで得られること

学習スタイル

講義中心ではなく
ワークで体験しながら学ぶ 体験型学習

講師主導ではなく
参加者同士で考え、深める共同学習

知識の量ではなく
自分の実践力を高める現場実践学習

講師紹介

★DSC00013a

中野 銀次郎 Nakano Ginjiro
1986年より1997年まで実業団スキーチーム(種目モーグル・エアリアル)にて活動。1988年より、全日本ナショナルチーム選手。全日本選手権優勝3回。その後、全日本コーチとして活動し、任期満了後、外資系生命保険会社に入社。新人賞に入賞するなどの実績を残す。2001年7月よりアチーブメント株式会社に入社。営業として活躍後、経理、人事、総務、法務などの経営管理部門の業務に従事。現在は講師として様々な企業の研修に登壇しながら、組織変革コンサルタントとして活動している。特にスポーツの世界から一転して、様々なビジネス経験を積む中でキャリアをつくってきた実体験をもとにした中堅・管理職向けの研修は、多くの企業様から高い評価を受けている。

プログラム概要

日程 第1回 2020年10月21日(水)9:45~16:30
    市原と私のビジョンを描く
第2回 2020年12月4日(金)9:45~16:30
    人を巻き込むリーダーシップを高める
第3回 2021年1月15日(金)9:45~16:30
    人を巻き込むプレゼン力を高める
第4回 2021年2月27日(土)9:45~16:30
    相互連携できるネットワークを高める
※いずれも開場は9:30を予定しております。
会場 市原市市民会館 ≪ map ≫
参加費 無料
人数 20名(申し込み先着順)
参加条件 ・市原市役所にお勤めの職員の方。
 詳細は運営事務局からのご案内をご覧ください。
・原則として開催される4回すべてに参加可能な方。

お申し込み方法については、別途運営事務局からのご案内をご覧ください。